くすみとは 顔全体の色が暗くなっていくこと

この記事は2分で読めます

くすみとは

 

くすみって、顔全体の色が暗くなっていくこと。

 

 

変化になかなか気づきにくくて、ある日、おやっ?

 

 

と思ったときは、
結構深刻なくすみになっていることがあります。

 

 

簡単に言うと皮膚表面の毛細血管中の
ヘモグロビンが少なくなるとくすむんですが、
タバコを吸う人は絶対くすみます。

 

 

運動不足・冷える方も、気をつけないとくすみます。

 

 

自分の肌質にに合った洗顔方法と洗顔料で
きちんとケアをすることが必要です。

 

 

髪の生え際が、顔と頭皮に境目がみえれば
くすんでいるということです。

 

 

くすみには、洗顔がいいのですが、
今のおすすめは、二十年ほいっぷです。

 

 

これは、顔のくすみを取る
対策の石鹸として口コミでも大人気です。

 

 

その秘密は超極小弾力泡と、
北海道のホエイみたいです。

 

 

ただ、この石鹸、どこでも売ってるわけではなくて、
非効率な製法でつくってるんです。

 

 

大量生産できないみたいで、
公式サイト で通信販売という方法で入手できます。

 

 

二十年ほいっぷ石鹸の
大きな秘密は、直火釜練り製法という技術。

 

 

くすみ専用洗顔石鹸、二十年ほいっぷ。

 

 

これは、敏感肌にも使える、優しい洗顔料です。

 

 

3ヵ月毎お届けコース/毎月お届けコース/単品を都度購入する。

 

 

という方法があります。

 

 

 

 

 

くすみ解消して明るい肌を手に入れる「二十年ほいっぷ」

 

くすみがあるだけで、お肌のシミやしわが強調されて、
年齢より老けて見えてしまうって知っていましたか?

くすみの原因の汚れが光を乱反射させて、
顔色を暗く濁った印象にしてしまうのです。

 

 

シミ対策や美白ケアをしていても、
くすみがあるだけで、台無しになってしまうので
随分損をしていると思いませんか?

 

 

そこで、
くすみとり石鹸「二十年ほいっぷ」をご紹介します。

 

 

「二十年ほいっぷ」の泡は、気泡が
目に見えないほど小さく、ブルンブルンの弾力をもっています。

 

 

一般的なフワフワ泡では気泡が大きすぎ、
超微粒の汚れは取りきれずに、くすみを残してしまうのです。

 

 

しかし
「二十年ほいっぷ」の気泡は小さいため、
つぶれにくい、吸着面が大きい、肌のキメの奥まで入り込む、
という特徴があり、キメの奥の汚れまでしっかり洗い流すのです。

 

 

さらに、
角質層のくすみを解消するために、
北海道産のホエイを配合しています。

 

 

ホエイはお肌を潤わせる上に、
泡の弾力を強くする働きもある、
大自然がうんだナチュラル美容液成分です。

 

 

潤うことで角質層が薄くしなやかになっていき、
肌の奥からのくすみも無くなるのです。

 

 

直火釜練り製法で職人さんがじっくり大切に作っている
「二十年ほいっぷ」は、パラベン・アルコール・保存料不使用で
毎日安心して使えます。

 

 

一回で肌の明るさが実感できる
「二十年ほいっぷ」を、ぜひお試し下さい!

 

 

二十年ほいっぷ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 肌くすみ エステ