アンチエイジングの鍵は保湿成分にあり!

この記事は1分で読めます

アンチエイジングの鍵は保湿成分

年齢が進むごとに気になるお肌のハリ、シワ、たるみ。

赤ちゃんのお肌はスベスベで、水分たっぷりの弾力肌なのに、

いつの間にか乾燥しやすく弾力も無い状態に衰えてしまいます。

 


 
年齢肌を少しでも食い止めるために、とにかくお肌に水分を!

と、化粧水をはたき込みたくなりますよね。

しかし、水分をはたき込んでも、お肌の水分量は改善しません。

お肌の水分量をアップさせるために必要なのは「保湿成分」です。

 


 
保湿成分とは、セラミドやヒアルロン酸といった、お肌の潤いを

キープするためになくてはならない成分です。

例えばセラミドは、角質層の隙間を埋めて水分を挟み込み、

お肌の水分が外へ逃げないようにする働きをしています。

 


 
また、ヒアルロン酸には水分を抱え込む性質があり、

主にお肌表面の潤いを守ります。これらの保湿成分があって、

始めてお肌の水分がキープされるのです。

 


 
化粧水にも保湿成分は含まれていますが、

濃度がそれほど濃くありません。

保湿成分をしっかりと補いたいなら、美容液や

クリームを使った方が良いでしょう。

化粧水と美容液、どちらか一つだけつけるのなら、

迷わず美容液です。

 

 


じゃあ化粧水はいらないのかというと、

意味が無いわけではありません。

洗顔後のお肌をさっぱりと整えたり、一時的に

角質層を潤いで満たすことができます。

しかし、水分をつけても蓋をしなければ蒸発

してしまいますので、美容液やクリームで

きちんと整えることが大切なのです。

 

15回講座(無料)

お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. オススメなセラミド入り美容液
  2. クリームを塗るだけ
  3. 日中こそ保湿ケアで乾燥知らず
  4. 風の強い日には、お肌がパリパリ